住宅ローンフラット35の優遇金利

住宅ローン一括審査申込サービス

住宅ローンフラット35の優遇金利

住宅ローンの優遇金利については、
各銀行共に熾烈な展開を見せていますが、
おすすめの商品にフラット35があります。

 

 

フラット35の優遇金利は、優良住宅取得支援制度として
開発されたもので、2007年から募集枠と期間を設定して
設けられています。

 

省エネルギー性、バリアフリー対策など、優れた基準が認定された住宅
に対して、フラット35の優遇金利はとても有益です。

 

貸付条件の緩和と貸付利率の引き下げを図っているのが、
フラット35の優遇金利で、借入時から5年間、
−0.3%優遇されています。

 

 

最近では、フラット35の優遇金利は、借入時の引き下げ期間が
10年延長されるようになりました。
一定基準を満たした長期優良住宅を対象としたフラット35の
優遇金利が登場していて、非常に便利になっています。

 

20年引き下げタイプのフラット35の優遇金利もあり、
10年経過後も20年目まで−0.3%の金利引き下げが設定されます。

 

優遇金利は、2009年に閣議決定されたことを受けて、
フラット35では、2010年1月から12月30日までの申込分まで、
特例措置を設けていました。

 

購入価格の100%融資で、当初10年間については、
フラット35の優遇金利は、基準金利から一律1%差し引いています。

 

2010年の新成長戦略実現に向けた3段構えの経済政策に合わせ、
フラット35の優遇金利は更に1年延長されました。

 

2011年に入って以降は、フラット35の優遇金利は、
2011年9月30日までの申込分で現行の優遇条件を撤廃しています。

 

10月1日からのフラット35の優遇金利は、2012年3月31日申込分までは、
これまで従来の−0.3%を優遇しています。

 

その後、フラット35の優遇金利については、
購入価格の80%融資へ戻りました。

 

2011年4月申込分以降については、フラット35の優遇金利は、
2007年当初の条件てどとなりました。

 

優遇金利についての平成23年度第3次補正予算の成立により、
従来のフラット35に加え、フフラット35Sエコが創設されました。

 

フラット35の優遇金利で登場したSエコは、東日本大震災からの復興、
住宅の対策を推進するために設けられたものです。

 

省エネルギー性の優れた住宅について、
フラット35のSエコの優遇金利は、金利引下げ幅がさらに拡大されました。
フラット35のSエコの優遇金利が創設されたことで、
従来のフラット35Sがフラット35ベーシックに名称変更となりました。

 

いずれにせよ、フラット35の優遇金利が、
より高い性能基準を満たす住宅に対して、金利優遇を
付与するものに違いはありません。

 

特に省エネルギー性能を高くした住宅に対して、
手厚く金利優遇がなされるのが、フラット35の優遇金利の特徴です。

 

以上の変遷を踏まえた上で、フラット35を検討されると良いと思います。

 

最新の情報は、各金融機関もホームページ等で積極的に表示していますので、
じっくりとインターネットで銀行を検索して見るのも良いと思います。

 

 

 

ちなみに楽天銀行のフラット35はおすすめです。

 


楽天銀行住宅ローン【フラット35】