住宅ローンの新規・借り換えの選択と知識

住宅ローン一括審査申込サービス

住宅ローン優遇金利の適用条件

住宅ローンと優遇金利とは切っても切り離せない関係にあり、
各金融機関は、獲得実績争奪のためにキャンペーンを必至に展開しています。

 

住宅ローンの優遇金利の広告は、あちこちで目にすると思います。
実際、多くの人が利用しています。

 

優遇金利は相場より低い金利に設定されているので、
住宅ローンの優遇金利を見ると、びっくりすることがよくあります。

 

思わず、商品の詳しい中身に興味が向いてしまうのが、
住宅ローンの優遇金利設定の凄いところです。

 

住宅ローンの優遇金利適用を受けるためには、
基本的には、銀行の預金口座を給与振込口座にするというのが大半です。

 

また、クレジットカードを作ったり、投資口座を作るなども、
住宅ローン優遇金利の適用条件の中によくある項目です。
特に難しい条件が課せられるわけではないので、
住宅ローンの優遇金利は、意外と簡単に受けることができます。

 

ポイントは取り扱い金融機関にメリットをもたらせる条件が
クリア出来れば可能なのです。

 

優遇金利を住宅ローンに適用するのは、金融機関にとっては、
営業拡大戦略として非常に重要だからです。

 

最初のハードルを越えてもらうことが一番大変なので、
住宅ローンの優遇金利を積極的に展開している訳です。

 

1%優遇となると、かなり有利な商品に思えますが、
住宅ローンの優遇金利は、永遠に続くものではありません。

 

つまり、住宅ローンの優遇金利は、住宅ローンが終了するまで
ずっと続くものではないのです。

 

このことは、住宅ローンの優遇金利ではあまり叫ばれていませんが、
これを知らないと、後で困ることになります。
最優遇金利が大きく表示されているので、
住宅ローンの優遇金利のリスクはどうしても見落としてしまいがちです。

 

リスク面に関しては、本当に小さい字で書かれている事が多いので、
住宅ローンの優遇金利を利用する時は、要注意です。

 

優遇金利を住宅ローンに利用する時は、
最初に広告をよく隅から隅まで読まなければなりません。
細かい規定が記載されていない広告もあるので、
住宅ローンの優遇金利を受ける時は、慎重を要します。

 

そして、住宅ローンの優遇金利期間終了後の金利が、
どの程度になるのかをチェックする必要があります。

 

住宅ローンの優遇金利は、最初だけお得な表示があって、
興味を注ぐというものがあるのが大きな特徴です。

 

しかし、実際は何十年という長期間にわたる契約期間が
続くことになるので、住宅ローンの優遇金利はそんなに甘くありません。
住宅ローンの優遇金利を一度契約すると金融機関にとっては
大きな利益になりますが、消費者にはリスクもあることを
知っておかねばなりません。

 


楽天銀行住宅ローン【フラット35】