住宅ローンを計算する場合の注意点

住宅ローン一括審査申込サービス

住宅ローンを計算する場合の注意点

家を買うために、住宅ローンを組む時は、金利や返済額について計算する必要があります。月々幾らずつの支払いになるのか、現在の年収で無理なく払える範囲の金額かのかがわからなければ、住宅ローンは使えません。住宅ローンは、家だけでなく分譲マンションを買う時にも使えますが、事前に知っておきたいことがあります。マンションや家を買う時は、業者のほうが住宅ローンの計算書をつくってくれることが多いですが、多くの場合、金利がより低い変動金利でシミュレーションをしてくるといいます。一見負担が少なく見えるからです。販売者側が出してきたローンの計算書を見て今の家賃と同じくらいだから家を購入できると判断してしまうのが危険です。現在の金利がずっと続いたらという前提で計算をすれば、金額は低くなります。変動金利とは、今後金利が高くなった時には利息も増えることを前提にして、今現在の金利を安く設定しているというものです。固定金利の住宅ローンは、金利があがっても現在の金利で返済し続けるというものです。経済学のプロでも、今後10年刻みで金利の予測をするのはまず無理です。未来の金利予測ができない中で、変動金利に基づいた計算をすることが、変動金利の難しいところです。家を購入しようとしている人はなかなか冷静は判断ができないものです。どんな条件で住宅ローン融資を受けるかは、住宅会社のつくった計算書だけを決めるのはリスクがあります。