自宅購入と相続

住宅ローン一括審査申込サービス

自宅購入と相続

自宅購入をする場合、親族から相続した財産などを自己資金に充てると言う人も少なくないでしょう。
そうした時にまず考えられるのは、相続に関与した財産が、自宅購入にあたって、軽減措置や特例措置が適用されるかどうかです。
基本的に自宅購入に際しての特例措置などを把握するには、相続税や贈与税の基本を理解する必要があります。
とにかく、相続税というと難解な感じがするので、自宅購入にあたっては、基礎からしっかり学ぶ必要があります。
まず、自宅購入に関係ある、相続税の計算は、遺産の総額から非課税財産と葬式費用、そして債務額などが差し引かれることを知らなければなりません。
そうして遺産額を求めるので、遺産額は、遺産総額−非課税財産−葬式費用−債務額であることを自宅購入にあたって、知っておく必要があります。
そして、遺産額には、相続開始前3年以内の贈与財産と相続時精算課税制度での贈与財産が加わることも、自宅購入に際して、勉強しておかなくてはなりません。

 

自宅購入に際しては、相続税の対象となる正味遺産額が関わってきますが、それは、遺産額と相続開始前3年以内の贈与財産と相続時精算課税制度による贈与財産になります。
正味遺産額が自宅購入に際して、基礎控除額の範囲内なら、相続税は課税さません。
相続税での基礎控除額は、計算式で、5,000万円+1,000万円×法定相続人数と決められているので、自宅購入に際しては、よく検討しなければなりません。
要するに、1人の相続人がいる場合、6,000万円以内の正味遺産額なら、自宅購入に際しては、相続税は課税されません。
また、配偶者と子供が2人で、相続人3人の場合は、自宅購入に関しては、8,000万円までは課税されないことになります。
自宅購入に際しては、相続税の計算での土地評価方法というのも、勉強しておかなくてはなりません。
その場合、売買相場より低く評価できることがあることから、時価が2億円を超えるような自宅購入で相続した場合でも、相続税は課税されません。

 

自宅購入に際しては、土地の評価は、路線価を用いますが、路線価がない地域は、固定資産税評価額によります。
そして、この場合、自宅購入に関する土地の評価額は、一定の倍率を掛けて計算すると言うのが普通です。
そして、自宅購入に際しては、その計算は複雑で、路線価方式については、個々の土地の形状なども考慮されることになります。
そして、道路の状況などによっては、自宅購入に際して、補正や加算などを伴うこともあります。
自宅購入に際しては、相続時精算課税という制度を利用することも可能で、これは、贈与税と相続税を一体化した制度になります。
なお、相続人の数に含められる養子の数は、実子がいる場合は1人までなので、自宅購入に際しては、そのことを心得ておきましょう。
相続 財産の評価方法で複雑なのが土地の問題なので、自宅購入に際しては、あらかじめ知識を蓄えておかなくてはなりません。